So-net無料ブログ作成
検索選択

幸せの時間 あらすじ 9話 [あらすじ]

幸せの時間 あらすじ 9話

達彦が家に戻ってきた。
智子の前にあの写真をしめし、説明を求めた。

智子はかたくなに否定し、自分は何も変わっていないと訴えた。
しかし達彦のさらに強い追及に、智子は打ち明けざるをえなくなってしまった。

自分の妻が必死に耐え、心で助けを呼んでいたのに気づいてやれなかった
自分の仕打ちを悔やむ達彦だった。

リビング横の廊下で香織がその話を聞いていた・・・
この前、自分も智子に余計な事を言ったのを思い出し謝なければと思った。


「死ぬ気なんか無かったんでしょ?」

病室の入り口から会いたくない女の声がした。
篠田が顔をあげると、そこに高村燿子が立っていた。

燿子はまるで”役立たず”と言わんばかりの顔で中へ入ってきた。
そして、すべて知っているのだといろんな事を話して見せた。

篠田は気づいてしまった。
全てこの女のせいだと・・・

篠田は手首の傷を燿子の前にさらけ出し、
この生命あるかぎり、智子を不幸にさせないと宣言するのだった。

智子も達彦も眠れない夜を過ごしていた。お互いに背を向け言葉も交わさない。
何かに押しつぶされそうな、そんな夜だった。


良介は公園で奈津を見つけると自分の財布を差し出して言った。

「このお金の分だけでも他の男の自由になるのをやめてほしい・・・」

良介は奈津が他の男と行為に及ぶ事が我慢できなかった。
奈津の事が好きだからと言う良介に、奈津は冷たく体目当てだと言い放った。

冷たくされて、その場を去ろうとした良介を奈津が引き止めた


奈津は自分の部屋に良介を連れていき、服を全部脱がした。
その良介をモデルに絵を描きだす奈津だった。

香織は今日も絵里子のお見舞いに来た。
自信は無かったが絵里子にバイオリンを弾いて聞かせると
絵里子は思いの外喜んでくれた。



ロビーに降りると今日も矢崎が入院費の支払いを待ってもらうよう
受付に掛け合っていた。

ここのところ、達彦はまっすぐ帰ってきているようだ。
だが、智子との会話は成り立っているようには思えなかった。

玄関脇で見つけた亀裂も指でなぞりながら、智子は自分たち夫婦にも
こんな亀裂ができてしまったのではないかとか悲しくなってしまった。

今、達彦が風呂に入っている・・・
一緒に入って、新しい一歩を踏み出したかった。

智子は自分を鏡に写し、まるで自分を諭すように言った。

「自分は何も変わっていない・・・前と・・何も・・・」

繰り返し々自分に言い聞かせた。

なぜだろう・・・

心の奥底でその言葉を受け付けない自分がいるような気がした。
自分は本当に達彦の胸に帰る事が出来るのだろうか・・・

亀裂は思うより大きいのかもしれなかった。


良介は、まだ奈津のモデルをしていた。
服を着ないでいるのは恥ずかしかったが、奈津と一緒にいられるのは幸せだった。

ただ・・・

モデルとはいえ、自分の今の状態、目の前に大好きな女性がいるという状況は
若い男をその気にさせてしまっていた。

奈津が良介のポージングを直接直した事で、良介は我慢できなくなってしまった。
次の瞬間、良介は奈津を押さえつけてしまった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

「幸せの時間」昼ドラでメロメロ 結婚情報